病院・調剤薬局の診療報酬債権流動化(レセプト)はページワン・ネオ・バンク。

CASE 活用事例

HOME > CASE 活用事例 > 病院・調剤薬局のケース

急成長企業のケース外食産業のケース人材派遣のケース病院・調剤薬局のケース

病院・調剤薬局のケース

企業プロファイル ■証券会社の法人営業部からの紹介
■年商:13億円
■医療法人にて病院を運営(耳鼻咽喉科にて入院可能)
■月間診療報酬債権:7,500万円
導入経緯 病院として1号棟と2号棟があり、賃貸借物件であった2号棟が老朽化のため、更新時期に備え移転を計画。銀行からは運転資金で既に枠がない状況。移転資金の調達として株式会社ページワン・ネオ・バンクを紹介される。
債権(債権譲渡登記) 診療報酬債権(買取り)・・・社会保険・国民健康保険にて毎月7,000万〜8,000万円の診療報酬債権を推移
その他の債権…自費負担分(カード払い含む)と一部調剤報酬があります
案件説明

ご依頼があった時は、医院長の世代交代や移転準備など悩みを抱えておられました。弊社は、病院の経営状況を精査し十分再生は可能と判断。債権となる診療報酬も金融機関等の担保になっていないことを確認し買取りを実行しました。資金調達も事業資金とは違い、一定期間補うための調達だったので1年間のご利用を経て終了いたしました。

診療報酬債権流動化(レセプト)について

医療機関様の保険報酬を譲渡(売買)していただき、約55日かかる入金サイトを5日で流動化するシステムです。

地方銀行・リース・証券会社・ノンバンク等で商品化

最近の傾向は2種類に区分けされます

・確定報酬債権(1〜2ヶ月)内の流動化
・未来報酬債権(2ヶ月以上)
 *弊社では対応しておりません。

ページワン・ネオ・バンクで商品化

弊社は診療報酬も一般債権同様に精査を行い、報酬の種類によって詳細も変わってまいります。

・診療報酬 、調剤報酬は2ヶ月分の報酬債権を流動化
・介護報酬は、個別対応により決定

*確定報酬債権以上の流動化をお考えの方は、弊社パートナー企業のリース会社と個別対応させていただきます。

案件概要図
Due Diligence(デューデリジェンス)
必要書類

・決算申告書3期分
・レセプト半年分
・社保国保入金状況半年分
・支払決定通知書半年分

・金融機関口座3ヶ月分
・社会保険領収書
・納税証明書等

上記サービスの詳しい内容については、お問い合わせください。

お問い合わせ

▲ PAGE TOP