ページワン・ネオ・バンクについて|企業のキャッシュフロー改善、債権流動化。

ABOUT ページワン・ネオ・バンクについて

HOME > ABOUT ページワン・ネオ・バンクについて

代表あいさつ

経営者のパートナーとして、企業の成長に貢献します。

企業の強みは”売上を上げる力”にあると、私たちは考えます。
創業以来、私たちは「キャッシュフローに関するサポート」に従事するとともに、事業の潤滑油となる「債権流動化」に取り組んでまいりました。

現在、中堅企業を支える金融のカテゴリーとして
銀行、証券、保険、リース、ノンバンク等、日本には企業を支える素晴らしい金融企業が沢山ございます。
株式会社ページワン・ネオ・バンクは中堅企業様(年商10億円以上)からのご相談をお受けいたしますが、現在の金融サービスを引き続きお勧めするケースもございます。

しかしながら、企業として次のフィールドを目指す場合、下記のようなジレンマがつきものです。
「CEOと金融機関のスピード感が合わない。」
「事業を拡大し、次のステップ(IPO等)に進みたい。」
「企業の再チャレンジを行う際、戦略・戦術があるのに復活の戦法が…」
株式会社ページワン・ネオ・バンクは大手の系列企業でも、銀行の資本を受けているわけでもない分、企業の『今』を支えていただいている金融機関を尊重し、『未来(NEO』を考えるスピード感のある対応が可能です。

『売上=現金入金』になると見えてくるものがあります。
強みを持つ企業様のために、私たちはいつでも本気です。

株式会社ページワン・ネオ・バンク
代表取締役 山科 豊弘

オフィス

ページワン・ネオ・バンクの経営方針

「資本がすべてではない。しかし大事なことには変わりはない。だからこそ、売上の歯車を噛み合わせるNo1になります。」

私たちが目指すのは、「売上の歯車を噛み合わせるNo1企業」。
そして、「キャッシュフロー改善+債権流動化」という事業フィールドにおいて
確固たる地位を築くことです。

弊社のサービスは債権流動化とは言いますがファクタリングとは申し上げません。
『企業のキャッシュフローが改善すること』。これが第一。
笑顔で次のステップに向けて卒業していただける。こんな嬉しいポジショニングは他にないと考えています。
お客様の製品が売れる。売上が伸びる。
キャッシュフローと売上の歯車が噛み合った時、企業本来の力強さを認識できると考えます。

起業のその先を始めよう。

【ご注意ください】

ページワン・ネオ・バンクでは、下記のような営業行為を過去・現在において一切行っておりません。
・電話、FAX、メール、ダイレクトメール等を使った営業
・事前に金銭を要求すること。
 おかしいなと思われたら弊社までご確認ください。

▲ PAGE TOP